子宮筋腫と子宮内膜症

MENU

ホルモンバランス研究所について

女性特有の病気として、子宮内膜症と子宮筋腫があります。これらの病名を聞いたことある方もいるでしょう。男性には子宮がないので、男性が子宮内膜症と子宮筋腫になることはありません。子宮内膜症と子宮筋腫を患うと病院で治療を受けることになります。手術が必要な場合もあるので、心身共に傷を負うことになります。

 

ここでは、病院に頼らずに子宮内膜症と子宮筋腫を改善する方法を紹介しておきます。ホルモンバランス研究所という一般社団法人の代表をしている続木和子という人物がいます。続木和子は主に女性特有の症状を研究している人で、それらの症状の原因はホルモンのバランスにあると続木和子は語っています。

 

ちなみに、続木和子は医師ではありませんが、ホルモンや女性特有の症状について、20年間独自に研究している方です。医師免許はないものの女性ホルモンについて詳しい方なのです。専門家といってもいいでしょう。また、続木和子は子宮内膜症改善プログラムと子宮筋腫改善講座という2つの教材を一般向けに出しています。これらはホルモン剤や手術に頼らない改善法です。現在、症状で悩んでいる人は必見の内容ではないでしょうか。手術をしないで改善できるのなら、それが最善の方法だと思われます。

 

続木和子 子宮筋腫

 

ただし、こうした改善法は100パーセントの方が改善するとは限りません。効果には個人差がある民間療法になります。もし、興味があれば、続木和子について調べてみたり、その手法を実際に試してみるといいでしょう。